もしかしたら今のこの、不要不急の外出をしない状況は、童話のラプンツェルに置かれた状況に近いかも知れません。

狭い塔の中に閉じ込められていたラプンツェルは、長い長い時間を持て余して居ましたが、持て余していた中にあってもヒマまでは持て余して居なかったので、当から出られる頃にはかなりの多趣味な人になれていたのです。

多趣味を身に付ける方法は、今のゲームをする様な状況に似ていて、一つのゲームを完全にクリアするまでに何十時間かかかってクリアしていく訳ですが、多趣味を身に付けるにはこの方法が一番向いている気がします。

今までやってみたくてもやれなかった事をやるチャンスだと思うと良いかも知れません。

そう、この家の中でじっくりと過ごさなけれはならないこの日々は、新しい事にチャレンジしろと言う神の啓示かも知れないと思えば、何でも出来そうな気がすると思います。

ラプンツェルの様に多趣味とまでは行かなくとも、やりたい事や進めたかった事を進めて行ける時間がたくさんあると思うので、自分自身を高めて行くためにこの時間を有効活用して行きましょう。

特に、結構長い時間が無いとじっくり実践するのが難しそうな趣味をやろうとしていた人には、今回の外出はしない方がイイお触れは願ったり叶ったりかもしれません。